ほくろを除去!福岡でおすすめのクリニック!

ほくろで悩んでいませんか?

顔や目立つ部分にあると気になりとってしまいたいと思うでしょう。

実はほくろを除去するといっても、かなりの数の除去方法が存在します。

そこで今回は除去方法の種類から福岡で悩みを解決してくれるおすすめのクリニックまでを紹介します。

除去方法は大きく分けて2種類!

まずはじめに、除去の方法を知ってください。その中から自分にあった方法を選びましょう。

ほくろの除去は大きく分けて2パターンで、その中で細かく種類があります。代表的な治療法を紹介します。

自宅での治療

すごく小さいほくろや病院で問題ないと診断されたけど取りたいほくろなど、特に安くすませたい場合に有効な治療法です。

もぐさ

ネット通販でも買えるため、ここ最近利用している人が多くなってきています。

特徴としては非常に手軽にできる点です。ものにもよりますが、一万円弱で購入出来て、自宅で自分でできてしまうというのは大きなメリットです。

もぐさはお灸で使用するものと同じです。それだけにデメリットもあります。

もぐさの適正量を見誤ると皮膚周辺が焦げてしまう可能性があります。いわゆる火傷をしてしまいます。

効果が出てくる日数としては1週間程度だとされています。

ほくろ除去クリーム

現在日本では正式な医薬品として承認されている除去ができる製品は一つもありません。

主に海外からの取り寄せにはなりますが、あまりおすすめできません。

  1. 具体的には除去できる仕組みがいまいちわかっていない
  2. 使用ミスにより別のトラブルが発生(出血や火傷など)
  3. 悪性のほくろの可能性
  4. そもそも日本で発売されていない

などが挙げられます。

病院での治療

ほくろは大きさによってセルフでできないことがあります。

また悪性の可能性や火傷などのリスクを考えると、病院での治療がおすすめです。

CO2レーザーでの除去

盛り上がったほくろや大きなほくろに適している施術です。

炭酸ガスを使用した医療用レーザーで、再発が少なく、費用も安く、通院の必要がない人気の施術です。

しかし、小さなほくろなどには適していません。

レーザーでほくろ除去

レーザーでの治療は黒色(メラニン色素)に反応するレーザーを使用し、細胞を破壊する施術です。

多くの病院で採用しているのはQスイッチレーザー、ロングパルスレーザーです。

削らないレーザーは皮膚への傷はつけることがないのですが、複数回の施術が必要となります。

主にシミ治療などで使用されていて、メラニンにしか反応しないため安全性が高い施術といえます。

切除法でのほくろ除去

切開でのほくろ除去はくり抜き法と切開縫合法があります。

くり抜き法はその名のとおり円形にくり抜いて除去します。くり抜き後は自然治癒によって傷がふさがる仕組みです。

そのため血流が多くない箇所への施術は向いていません。

その場合は切開縫合法で切除後に縫合し、抜糸をするという流れになります。

顔などはくりぬき法、その他は切開縫合法のケースが多いです。

電気分解でのほくろ除去

 先端に電気が流れるメスを使用し、盛り上がったほくろを熱で焼き削る施術法です。

くり抜き法とは違い、傷跡が小さいため治癒しやすい方法です。

しかし、除去する深さや範囲などは医師の腕に任せることとなり、除去しきれなかった場合再発する可能性があります。

どれがおすすめなの?

ほくろ除去をする上でいくつかの種類があることはわかったと思います。

ほくろは悪性の可能性もある為、まずは病院で診断してもらうことをおすすめします。

ほくろの大きさ(範囲)や箇所、形状により適切な方法が変わってきますので、カウンセリングをうけ最適な方法を提案してもらいましょう。

保険適用の条件

ほくろは保険適用ができる可能性があります。

全てのほくろに適用されるわけでもなく、条件があります。

  • 健康保険適用できる施設での施術
  • 悪性の疑いがあるほくろ
  • 大きさや形状から除去をしたほうがいいと医師が判断したもの

美容目的では保険適用になりませんので注意してください。あくまでも医師の判断となります。

気になる費用相場は?

保険適用の有無、大きさ、位置や場所により一概には言えません。

さらに自由診療の場合はクリニック事に自由に料金設定ができてしまいますので、クリニックによってかなり幅があります。

  • 炭酸ガスレーザー:2000円~40000円
  • 切除縫合法:9000円~30000円
  • 電気分解:6000円~30000円
  • レーザー治療:2000円~30000円

必ず事前に確認をしましょう。

福岡にあるほくろ除去でおすすめなクリニック3選

今回は、福岡にあるクリニックでほくろ除去に対応しているクリニックを紹介します。

クリニックによって可能な施術方法が変わってきますので、自分に合ったクリニックを見つけてみてください。

表参道スキンクリニック 福岡院

表参道スキンクリニック 福岡院の画像
画像引用元:表参道スキンクリニック 福岡院公式HP/https://osc-fukuoka.jp/

 

ほくろ除去の料金内容

ほくろ除去は場所や大きさ等によって大きく変わってきます。

基本的にカウンセリングを行い、その程度や状態によって、施術法を決めることで料金も決まります。

カウンセリングは無料で行っています。フリーコールでカウンセリング予約をしてみるといいですね。

施術名 料金
ほくろ取り ヤグレーザー 15,000円~/1個
Co2レーザー 25,000円~/1個
ほくろ取り 電気メス 25,000円~/1個
ほくろ取り 切除術 45,000円~/1個
1mm超毎 5,000円

公式サイト

表参道スキンクリニック 福岡院の公式サイトはこちら

ブリスクリニック

ブリスクリニックの画像
画像引用元:ブリスクリニック公式HP/http://bliss-clinic.com/

ほくろ除去の料金

ブリスクリニックはスキャン機能付きのレーザーを使用しており、形成外科の専門医がカウンセリングを行ってくれます。

施術は切除法とレーザー除去の2種類あり、状況によって適切な施術を選択します。

料金は大きさや盛り上がり具合などによって変化いたしますので、詳細に関してはカウンセリング時に聞くといいでしょう。

施術名 料金
レーザー治療 9,800円(税抜)/1ヶ所目/5mmまで
7,000円(税抜)/2ヶ所目/5mmまで
7,000円(税抜)/3ヶ所目以降/5mmまで
9,800円~15,000円(税抜)/大きい場合/10mm以上の場合は要相談
切除法 3,840円~(税抜)/大きさなどによって異なります。

公式サイト

ブリスクリニックの公式サイトはこちら

天神皮ふ科

天神皮ふ科の画像
画像引用元:天神皮ふ科公式HP/https://shinagawa-skin.com/

ほくろ除去の料金

天神皮ふ科では炭酸ガスレーザーや切除法が可能です。症状によって保険適用の切除法かレーザー治療かが決まります。

また炭酸ガスレーザーでもくり抜き法や頻回切除治療などの種類がありますので、こちらもカウンセリングで決めることになります。

施術名 料金
Co2レーザー治療

21,400円(定価)/10,700円(会員価格)/3mm以下

32,200円(定価)/16,100円(会員価格)/3mm以上5mm未満
42,800円(定価)/21,400円(会員価格)/5mm
手術・メス・くり抜き 9,000円

公式サイト

天神皮ふ科の公式サイトはこちら

他にもある美容皮膚科!

ほくろだけでなくいろんな肌に関する悩みをお持ちだと思います。

その中でいろんな悩みに特化したクリニックも紹介していますので気になる方は確認してみてください。

他の症状にも強いクリニックはコチラから!

【免責事項】
このサイトは、福岡の美容皮膚科をお探しの方のために、おすすめのクリニックを紹介しているサイトです。
予約などの際には、必ず各HPをご確認の上、個人の責任でお申し込みくださいませ。※2016年9月現在