しみの改善は美容皮膚科のレーザー治療が効果的

増加する”しみ”を治療したいなら美容皮膚科

しみの主な原因は紫外線によるものです。

紫外線が当たると、肌を守ろうとしてメラニン色素が生成されます。しばらくすると自然と薄れていくものですが、加齢によってターンオーバーが乱れていたり乾燥肌で過敏になっていたりするとなかなか薄くならず、しみになってしまいます。

しみの増加は特に35歳を超えた頃から多くなると言われています。アンケートの結果によると、頬のしみが気になっている人が多く、対策している人の多くは化粧水や美容液を使ってケアしているようです。

しみ対策をより本格的に行いたいと考える人は、美容皮膚科で施術を受けており、費用や時間よりも効果の高さを大切にしています。

しみの種類は1つだけじゃない!

しみには種類があることを知っていますか?しみは種類によって特徴や、対策方法が違います。それでは、それぞれの特徴を見ていきましょう。

  1. 老人性色素斑
  2. 一番多いと言われるしみが紫外線によってできる老人性色素斑です。一般的には頬やこめかみによく見られ、数mm~10mmほどの平たいものです。

  3. 肝斑
  4. 肝斑は女性ホルモンが原因として考えられており、30代~40代の女性に多く見られるものです。頬、鼻の下、額などに左右対称で現れます。

  5. 雀卵斑
  6. 一般的にそばかすと呼ばれるもので、遺伝が原因で小学生の頃から現れ始めます。小さく不規則な形をしており、薄茶色です。鼻を中心として顔全体に散らばります。

  7. 遅発性両側性太田母斑
  8. 日本人によく見られる症状で、生まれつきある人や20代になってから現れる人もいます。

    額、目の周り、頬などに現れる青や茶色のあざです。スキンケアでは効果を実感しにくいため、解消したい場合は美容皮膚科でのレーザー治療を行います。

  9. 脂漏性角化症
  10. しみの症状が進行し、盛り上がりができたものを指します。顔の他、手の甲にできることも多いです。

    スキンケアでは解消されず、美容皮膚科でのレーザー治療で取り除きます。

  11. 炎症性色素沈着
  12. ニキビや虫刺されなどで肌が炎症を起こした後、色素が沈着してできるしみのことです。日本人などの、黄色人種に多いと言われています。

    徐々に薄くなることもありますが、ターンオーバーが乱れている場合慢性化することも多いです。

スキンケアによる対策で症状が落ち着くこともありますが、効果はゆっくりで望むほどの結果が得られないかもしれません。

また、しみの種類によっては、効果が実感できないこともあります。しみをしっかり治したいと考えるなら、美容皮膚科での治療を検討しましょう。

美容皮膚科でおすすめの3つの治療方法

しみの本格的な解消を望むなら、美容皮膚科での治療が最適です。ここでは、美容皮膚科で行われる、おすすめの治療方法を3つピックアップして紹介します。

1.アレキサンドライトレーザー

宝石のアレキサンドライトを使ったレーザー機器で、メラニン色素に反応する光線を当ててしみを取り除きます。

黒にはよく反応し赤には反応しにくい波長の光線を扱っているため、血管組織への負担が少ないです。

また、光線の波長が長いため、ルビーレーザーよりも皮膚の深い部分に反応させることができます。解消できる症状は、しみ、そばかす、あざ、ほくろ、刺青などです。脱毛機器として使われることもあります。

1ショットあたりの料金は1,000円ほど、1c㎡あたりの目安は10,000円ほどです。

2.ルビーレーザー(Qスイッチルビーレーザー)

宝石のルビーを使ったレーザー機器で、メラニン色素にレーザー光線を反応させてしみを治療します。ハンドピースと呼ばれる照射するための部品を使って出力を集中させ、均一な照射を行います。

しみ、そばかす、イボ、ADM、青あざなどのメラニン色素が原因でできる症状への効果が高く、大きなしみがある人、一度の施術で効果を実感したい人、薄いしみを取りたい人などにおすすめです。

かかる費用はしみの大きさによって変化しますが、3mm以下の小さなものは3,000円ほどかかります。

3.GentleMax

アレキサンドライトレーザーとYAGレーザーが搭載されており、2つを組み合わせて肌質に合った施術が行えます。メラニン色素に反応するレーザー光線を照射し、症状を和らげる仕組みです。

黒色に反応する光線のため、同時に脱毛することが可能です。くすみやそばかすを薄くし、肌のハリやキメを整えることができます。

施術にかかる料金は施術範囲によって異なり、目から下の範囲で10,000円ほど、顔全体で15,000円ほどかかります。

美容皮膚科で行われるしみ治療は、扱う機器によって効果や費用が異なります。自分はどんな症状なのか考え、どの施術が良いか選ぶようにしましょう。

治療~治療後の流れ

美容皮膚科で行われる治療の種類を紹介してきましたが、実際に受ける場合どんなことを行うのか、施術の流れを確認しましょう。

  1. カウンセリング
  2. 症状に合わせて最適な治療が行えるように、まずはカウンセリングを行って症状や肌質を診断します。気になることは質問し、納得した上で治療方法を選びましょう。カウンセリングは無料で行う美容皮膚科も多いです。

  3. レーザー照射
  4. 目を守るために光を遮るゴーグルをかけ、しみなどの気になる部分にレーザーを照射します。1ヶ所につき約10秒照射し、輪ゴムで弾かれる程度の痛みを感じます。

    照射した後は肌への負担を抑えるために、冷却処置を行います。

  5. 保護テープを貼る
  6. 施術した部分の皮膚は敏感になっているため、約1週間は保護テープを貼って紫外線などから肌を守ります。施術した部分以外はメイクをしても構いません。

    テープは1~3日ほどで剥がれてくるので、新しく貼り替えてください。患部に軟膏を塗り、照射した部分よりも5mmほど大きく保護テープを切って貼り付けます。テープの上からメイクを重ねることで目立ちにくくなります。
    照射したしみやそばかすは1週間ほどでかさぶたになって剥がれ落ちます。肌を傷つけないよう、無理に剥がさず自然と落ちるのを待ちましょう。

  7. 薬の塗布
  8. およそ1週間が経つと保護テープは不要になります。その後は指定された薬を患部に塗布して肌をケアします。

  9. 検診
  10. 薬を塗り始めて2週間が経った頃に検診を行います。体質や施術した部分によって経過が異なるため、検診で患部の状態を確認した上で適切なアドバイスを行います。

施術後はおよそ48%の確率で色素沈着を起こす可能性がありますが、これは一時的なものです。一般的には3~4ヶ月ほどで段々と薄くなっていきます。

紫外線が当たると色素沈着を起こしやすくなるため、施術後にはしっかりとUVケアを行い、紫外線が当たらないようにしましょう。

どこのクリニックで受けられる?

しみのレーザー治療を行っている美容皮膚科は福岡にもあります。例えば、野狭間クリニック、ハルスクリニック、清美会クリニック、新幹線ビル皮フ科などです。

クリニックごとで扱っているレーザー機器や費用は異なるので、複数のクリニックを比較して検討してください。

福岡でしみのレーザー治療を行っているクリニックをまとめましたので気になる方はご覧下さい。

【免責事項】
このサイトは、福岡の美容皮膚科をお探しの方のために、おすすめのクリニックを紹介しているサイトです。
予約などの際には、必ず各HPをご確認の上、個人の責任でお申し込みくださいませ。※2016年9月現在