美容皮膚科でワキガを治すための治療方法とは?

デリケートな問題であるワキガに苦しむ人は多いです。しかし、どうしてこんな臭いが発生するのか、そしてその臭い対策をどうすればいいのかわからない人も多いでしょう。ここでは、ワキガの原因と有効な美容皮膚科での治療法をご紹介します。

まずはワキガの原因を知ろう!

汗が出る汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類あります。

エクリン腺から出る汗の成分は水がほとんどで、その他には塩分が微量に含まれます。そのため、体温調節のために出る汗は嫌な臭いがほとんどありません。

一方、アポクリン腺から出る汗の成分は、タンパク質、脂質、糖質、中性脂肪、アンモニアなど、さまざまな種類が含まれています。このアポクリン腺から出た汗がワキガ臭の原因となります。

汗が体内に出る前は無臭ですが、毛穴から出るとエクリン腺から出た汗と皮脂が混ざり、それをエサにする雑菌の影響で悪臭に変わります。

ちなみに、アポクリン腺の数は個人差があり、数が多いほど臭いが強くなります。また、ワキ毛があると雑菌が繁殖しやすくなりさらに臭いを広げてしまうため、臭いがきつくなる傾向にあります。

自分でできるワキガ対策

ワキガの臭いは非常に強く広範囲に広がるので、なるべく周囲に臭わないようにしたいものです。ここでは自分でどのような対策ができるのか紹介します。

対策1:制汗剤

パウダースプレー、スティックタイプ、ロールオンなど市販の制汗剤は多数あります。これらには、塩化アルミニウムという成分が入っており、汗を抑える効果があります。

スティックタイプやロールオンの方が直接塗りこめるので効果は出やすいです。種類によって効果が持続する時間は違います。体臭が強い方は、1日3回以上を目安としてこまめに塗り直す必要があります。

対策2:除菌シートで汗をこまめに拭く

アポクリン腺から出た汗が嫌な臭いを放つのは、皮膚上に雑菌があるためです。この雑菌を除菌シートでこまめに拭き取ることで臭いの発生を抑えることができます。除菌シートの持続時間は約3時間なので、こまめに拭き取るようにしましょう。

対策3:ワキ毛を剃る

ワキ毛は雑菌が繁殖する原因になり、剃るだけでも通気が良くなり雑菌が繁殖しにくくなります。また、ワき毛は汗が流れるのを止める役割もあったので、剃ると汗の出る量が増えたと感じるかもしれませんが、実際は剃る前と変わりません。

対策4:喫煙、飲酒を控える

ニコチンとアルコールを摂取すると発汗作用が促されて汗の量が増えます。汗の量が増えると、雑菌のエサが増えることになり、より強い臭いを放ちます。そして、喫煙はタバコに含まれるニコチンによって汗の量が増えることにより、ワキガの臭いが増します。

また、服についたタバコの臭いとワキガの臭いが混ざることにより、さらに不快感を与える臭いになります。

飲酒はアルコールの代謝によってアセトアルデヒドや酢酸が発生します。アセトアルデヒドや酢酸は臭い物質なので、ワキガの臭いと混ざり普段よりも嫌な臭いを放ってしまいます。

美容皮膚科の「ミラドライ」がおすすめ

自分でできる対策は塗り直しやこまめな手入れが必要になるでしょう。これを毎日行うと、非常に面倒ですしお手入れの仕方を間違える可能性があります。

しかし、ワキガを美容皮膚科で治療すると、このような手間はなくなり臭いの悩みはなくなって毎日快適に過ごすことができます。

ミラドライってどういう施術?

美容皮膚科で行われているミラドライは、皮膚にマイクロ波を照射して汗腺を破壊することができる機器です。皮膚を切らずに汗腺を破壊するので、傷をつけることなくワキガや多汗症を解消することができます。

ミラドライは、ダウンタイムがほとんどないというところも魅力のひとつ。さらに、1度破壊された汗腺は再生することがないので半永久的に効果が持続することも大きなメリットとなります。

ミラドライで解決できる悩み

  • ワキガ
  • ミラドライは汗腺を破壊することができるので、雑菌のエサとなる汗が出なくなり嫌な臭いを放つことはなくなります。

  • 多汗症
  • 多汗症で悩んでいる人もミラドライで汗腺を破壊することで汗が出なくなるので、悩みが解消されます。

  • 服の汗ジミや黄ばみ
  • ミラドライで汗腺を破壊することで汗が出なくなるので、服につく汗ジミや黄ばみが染みつくこともなくなります。

ミラドライはこんな人におすすめ!

  • ワキの臭いが気になる
  • よく汗をかく
  • 切らずに治療したい
  • 半永久的に効果が持続する治療がいい
  • ダウンタイムが短い方がいい

上記に当てはまる項目があれば、美容皮膚科でのミラドライ治療をおすすめします。

ミラドライの流れ

  1. カウンセリング
  2. 医師によるカウンセリングと診察、ミラドライの説明、注意点などの説明が行われます。この時にガーゼをワキにはさみ、臭いや汗の量の確認も行います。

  3. 着替え
  4. 施術用のガウンに着替えます。(施術の前日にはワキの毛を剃る必要があります。)

  5. マーキングと麻酔
  6. ワキの発汗場所と毛がある場所を治療用テンプレートでマーキングします。このマーキングに基づいて局部麻酔をし、麻酔が効くまで時間をおきます。

  7. 照射
  8. マーキングに基づいて照射していきます。ミラドライのハンドピースを当てると、皮膚を吸い上げて照射が始まります。

    麻酔と冷却装置による処置が行われるので火傷や傷、痛みが出ることはありません。照射範囲によって施術の時間は変わりますが、1ヵ所約30~40秒で1回の施術は約20分で終了します。

  9. アフターケア
  10. 施術後はワキの赤みや腫れを抑制するために、約15分冷却を行います。

※注意事項※

治療を行ったあと数日は激しい運動をしないようにしましょう。

どこの美容皮膚科で受けられる?

ハルスクリニック

女性だけではなく、子供や男性にも指示されているクリニックです。

ミラドライの治療費は280,000円で、別途消耗品代、麻酔代、薬代などで76,400円かかります。

1回でも十分な効果はありますが、より高い効果を求める方は2回以上の治療をおすすめしています。(2回目以降は194,400円で+別途料金)

村田クリニック

ホームドクターのような柔らかい雰囲気で清潔感のある院内で、安心して受診できるクリニックです。

ミラドライの治療費は330,000円で、2回目は180,000円です。

天神皮膚科

美容皮膚科だけではなく保険検診を扱う一般の皮膚科も併設されており、料金が安く設定されているのが特徴です。

ミラドライの治療費は、27,000円です。他のクリニックと比べるとかなり安く治療を受けることができます。

【免責事項】
このサイトは、福岡の美容皮膚科をお探しの方のために、おすすめのクリニックを紹介しているサイトです。
予約などの際には、必ず各HPをご確認の上、個人の責任でお申し込みくださいませ。※2016年9月現在