肝斑の原因と治療法

30~40代の女性に多いシミの一つに、肝斑(かんぱん)と呼ばれるものがあります。顔の左右対称に発生するシミで、男性には発症せず女性の多くに現れます。ここでは、その肝斑について詳しく見ていきたいと思います。

肝斑ってどんなもの?

自分の肌にできているシミが、肝斑なのか分からないという人も多いでしょう。肝斑の特徴について調べてみたので、参考にしてみて下さい。

肝斑の特徴

  • 30~40代の時に現れる
  • 頬骨に沿って左右対称に現れる
  • 輪郭がはっきりしない
  • 茶色っぽい
  • 目の周りを避けて出ている

肝斑が現れるのは主に30~40代の頃で、50代後半を過ぎると消えたり薄くなったりします。また、肝斑は左右対称に現れるという特徴があり、両頬の同じ場所に同じようなシミがあるという人は肝斑の可能性が高いです。

そばかすのような小斑点でも日光黒子のように円形でもなく、輪郭がはっきりしないのも肝斑の特徴です。色は茶色っぽく、目の周りを避けて現れるケースが多いです。

肝斑のイメージイラスト

引用元:イラストで見るシミのタイプ@肝斑見た目でチェック!|かんぱんINFORMATION

URL:https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_kanpan/distinguish/illust.html

肝斑ができる原因

通常、シミは紫外線によって過剰に発生したメラニン色素が、沈着することで現れます。肝斑もシミの一種ではありますが、原因は他にあるとされています。

肝斑の原因は完全に解明こそされてはいませんが、生理周期に合わせて肝斑の色調が変わったり、妊娠やピルの服用がきっかけで現れたりするケースが多いことから、女性ホルモンが関係しているのではないかと考えられています。

しかし、紫外線が関係ないのかというと、そうとも限りません。原因が女性ホルモンに関係しているとはいっても、紫外線を浴びすぎれば色素が濃くなってしまいます。ですから、紫外線対策には常に気を付けておかなければなりません。

肝斑の治療法

自分の顔にできたシミが肝斑だと分かったら、次に気になるのが治療法。肝斑はどうすれば改善できるのでしょうか。いくつか治療法を紹介していきます。

トラネキサム酸の服用

トラネキサム酸はアミノ酸の一種で、抗炎症・抗アレルギー効果があります。湿疹や蕁麻疹(じんましん)、口内炎などの治療に用いられることが多いです。

肝斑は女性ホルモンの乱れにより情報伝達物質のプラスミンが分泌され、それがメラニンの生成を活性化させてしまうことが一因ではないかと考えられています。トラネキサム酸には、このプラスミンの働きを抑制する作用があるのです。

効果を実感するためには、少なくとも1ヵ月は服用する必要があります。そこで肝斑が改善されれば、更に1ヵ月服用を続けてみましょう。

また、肝斑は一度改善してもまた発症する場合があります。その時は、2ヵ月の間隔をあければまた服用することができます。

ビタミンCの服用

肝斑の治療の外用薬で行う際は、ビタミンCを高濃度に配合したピュアビタミンCやAPPSなどを美容液として勧めるところもあります。ビタミンCには皮膚のヒアルロン酸やエラスチン、コラーゲンなどの生成をサポートする役割があります。

また、強い抗酸化作用がありメラニンの生成を抑える働きがあるため、肝斑治療に効果が期待できるのです。

ビタミンCが不足すると、シミやしわが増えてしまう要因になるため、普段の食事でも意識的に摂取することが大切です。

レーザー治療

シミ治療に用いられるレーザーの多くは、照射が中心部に集中するタイプのもので均一ではありませんでした。それだと肝斑を悪化させてしまうという問題があったため、肝斑にはレーザー治療が禁忌とされていました。

しかし、最近では肝斑に対して均一に照射できるレーザーが開発され、炎症を起こさずに安全に治療できるようになりました。

クリニックにもよりますが、この治療法は「レーザートーニング」と呼ばれています。肝斑のレーザートーニング治療では「メドライトC6」という機器が使用されることが多いのですが、これが発するレーザー光は照射口径も大きく、照射のスピードも速いので短期間での治療が可能です。

レーザートーニングは、1回受けただけでは肝斑を消すことはできません。この治療法は回数を重ねるごとに効果を発揮するものなので、肝斑の症状によっては費用も増えてしまいます。事前にいくらかかるのか確認し、予算と照らし合わせた上で治療を受けるかどうか判断しましょう。

肝斑の治療はホームケアも大切

肝斑の治療を受けた後は、自宅でのケアが重要になってきます。治療の効果を高めるためにも、自宅での正しいケアについて知っておきましょう。

UVケアを念入りにする

肝斑は治療中の日焼け対策によって、効果に大きな差が出ることがあります。せっかく施術をしても、紫外線が残っている肝斑を悪化させてしまうかもしれません。

また、治療中は肌が紫外線の影響を受けやすくなっているので、日焼け止めをこまめに塗り直したり日傘を活用したりして、徹底した紫外線対策を施しましょう。

スキンケアは優しく

施術直後は、一時的に肌が乾燥状態になることがあります。この時の肌は刺激に弱いので、スクラブなどの刺激のある洗顔料はできるだけ避けて、優しく洗顔するように心掛けましょう。

また、肌を乾燥から守るための保湿ケアも欠かせません。お肌を擦るようなマッサージは控えて、乳液などでしっかりと保湿するようにしてください。

ストレス対策をする

肝斑は、女性ホルモンが減少したりバランスが乱れたりすることで発症するといわれています。

ストレスを溜めてしまうと、女性ホルモンのバランスが乱れてしまうので十分な休養と睡眠を取り、バランスの良い食生活をしてストレスを溜めないよう心掛けるようにしましょう。

肝斑の治療をはじめよう

肝斑は顔の左右にできてしまいますし、メイクでも隠すのが難しいので、女性にとっては厄介な肌トラブルの一つです。最近は肝斑治療の技術も進歩してきているので、短時間の施術でも十分な効果を得ることができます。

クリニックによって肝斑の治療内容は様々なので、医師と相談しながら自分に合った最適な治療法を選んでください。

【免責事項】
このサイトは、福岡の美容皮膚科をお探しの方のために、おすすめのクリニックを紹介しているサイトです。
予約などの際には、必ず各HPをご確認の上、個人の責任でお申し込みくださいませ。※2016年9月現在